« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.25

多少婦人「ジェントル怒髪天」

またまた告知でございます

「劇空間殺人事件」に出演してもらった阿部恭子さんが出演する公演のお知らせですー

多少婦人第3回公演
『ジェントル怒髪天』

2006/12/1(金)~12/3(日)

12/1(金) 19:30
12/2(土) 13:00 16:00 19:00
12/3(日) 13:00 18:00
(前回とタイムテーブルが異なるのでご注意下さい。)

劇場 ブローダーハウス(京王井の頭線・東松原駅徒歩2分)


前売り 1000円
当日  1200円


出演  山本朋子 遠藤夏子 阿部恭子
    酒井雅史 渡辺裕之 石井千里(以上、多少婦人)

    萩原貴之 みかん 塚原恵美子 國枝陽子

http://www.rak2.jp/town/user/tashofujin/

-------------------------------------------------------
これ、前回夏の公演観に行ったのですが、おもろかったです。
この脚本を映像にしたい、てのもありました。いや、これからお願いして実行するかも。
今回もオムニバスなので気軽に鑑賞できるのがイイですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.24

ポッドキャストナビ

本日、このumebloが PODCAST navi (ポッドキャストナビ)のVIDEOCASTランキングで48位。久々にトップ50に返り咲き。
一応ダウンロード数を基準に順位が決まるそうですが、特にダウンロード数が急増した形跡は無いんですよね・・・新番組をアップしたからタイミングが良かったのでしょうか? ま。ランキングは励みになります。これからもポコポコ作っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.19

青白

出演:トグチミノル 監督:トグチミノル ジャンル:SF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.16

帰宅王子

11月も後半にさしかかり、
寒くなってきましたね。

気がつけば12月。今年も後わずかです。


個人的には、あっというまに秋が過ぎて行った感じがします。
そんな方がいらっしゃるかと思いますので、

秋の終わりに芸術鑑賞のご案内〜。

今回ご紹介するのは、
エレファントムーンという芸術集団が主催する、

「シュナイダー」という作品です。

UMEの作品「劇空間殺人事件」で出演した、
永山智啓さん、竹岡真悟さん、
「劇空間〜」&「function」に出演した酒巻誉洋さん
が出演しております。


公演は2006年11月22日(水)〜11月26日(日)
会場は王子小劇場(北区王子1−14−4 B1F
(http:www.en-geki.com)

料金  前売:2300円、当日:2500円(前売発売中)
チケット取扱  チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:372-472)
                                    0570-02-9988(演劇専用)
                   web予約:http://www.elephant-moon.com
タイムテーブル
22日(水) 19:30
23日(木・祝)14:00/19:30
24日(金) 19:30
25日(土) 14:00/19:30
26日(日) 14:00/19:00 


出演:永山智啓、酒巻誉洋、坂倉奈津子、竹岡真悟、尾本貴史、
        玉江仁一、墨井鯨子、石橋征太郎、鱒田エンキチ、渡辺美弥子(電動夏子安置システム)

脚本・演出:マキタカズオミ
舞台美術:福田暢秀
舞台監督:伊藤智史
照明:若林恒美
音響:上野雅
衣装:仲ひとみ、三井さやか
制作:佐藤陽子
製作:エレファントムーン


一般的に祝日もあり、休日が多いので、
是非みなさまお越し下さいませ♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.11.12

めでたいこと

本日、u.m.e.関連でめでたいニュースが2ヶあります!

1.ポッドキャストジュースでのポッドキャスト登録者数が100に到達!
いやぁ、友人知人に強引に宣伝した甲斐がありました。果たして面識ない人はどれくらい見ていただいているのでしょうか?
そういえば、来月は初めてメディア露出があるんですよね?マエゾウさん?

2.クランクアップから半年。ようやく「function(*)」の粗編集が終わりました! と言っても、音付け、音楽、カラコレ、合成と、完成までの道のりはまだまだ遠いんですけどね。まあ頑張りますわ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »